山梨 パート看護師

綜合病院の消化器外科で夜勤専従((+_+))

消化器外科はがんの患者さんが主なので、手術が多く、手術前後のケアが一番の大仕事になります。夜勤専従でも常勤ではなくパートで、夫がメインで働いて、副収入として私が働いている感じで、週1回程度で働いています。

 

夜勤はもともと得意というか、好きだったので、仕事の時間帯には不満はないのですが、ご高齢の方が入院されている場合、夜間はいろいろなことが起こります。

 

点滴の針を抜いてしまったり、チューブが邪魔に感じられて抜いてしまったり。仮眠が取れない時は翌日までぐったりです。

 

夫が土日休みの仕事でないので、夜勤明けの日を夫の休みと同じになるような感じでシフトをお願いしています。

 

市民農園を夫が借りていて、野菜作りに励んでいるので、だいたいはその手伝いで休日は終わります。

 

とてもハードで、休憩も仮眠も取れなかったような勤務明けは、ずっと寝ていたいなぁと思うのですが、3時間程度家で寝た後、畑に行くと、清々しい気持ちになります。

 

入院されている患者さん達は、この野菜のように日々成長するものを見る機会がなかなかありません。

 

お花も切り花がほとんどだし、病院内の緑といえば、植木鉢の植物も管理しやすいものになりますし、自然な四季を感じられるものがなかなかないなぁ…と思います。

 

窓から街路樹は見えますが、どのベッドからも見えるわけではないですしね。

 

ボランティアの方達が、特に小児病棟で、院内の装飾をしてくださったりしますが、自然の移ろいにはかなわないですよね。

 

1日も早く状態が良くなって、元気に患者様たちが退院できるよう、丁寧に心を込めて接していかなければ、と自分が自然の中に立つと思います。

 

特に心地よい風を感じたとき、この風を患者様にも届けてあげられたらなぁと思います。